新・2062年から来た未来人(番外)

2062が出現中に唐突にタイガー氏も出てきた。

空中空母に関する説明1つだけ書き込み。

 

なるほどー。飛行船では無く、原子力飛行機か。

スレ内では否定的だったが米ソ冷戦時代にそういう計画はあったよ。

 

若い頃見た本に未来兵器として載っていて、米ソが研究してた。たしか図面ぐらいは引いてたと思う。

 

環境とコスト無視すればあの時にも作ろうと思えば作れただろうねぇ。

 

未来に何か技術的ブレイクスルーにより、簡単に搭載できるようになるのだろう。

 

飛行船でもそうだが、昔考えられて実現していなかった物が後の技術で実現していくような感じだね。

 

 

新・2062年から来た未来人(番外)

54 :本当にあった怖い名無し:2013/04/07(日) 16:44:50.32 ID:7D5dIRpY0

「空中空母」

空母(航空母艦)は航続距離の短い戦闘機を遠地へ運ぶための移動基地である。

十分な航続距離と推力を得るために原子炉を搭載したものも多い。

しかし、空中空母として同様の運搬能力および航続距離を実現する航空エンジン技術は未だ理論すら存在していない。

 

・今後30年以内に戦闘機のほとんどは人工知能を搭載した無人機になる。

・無人のため非常に小型軽量化が可能であり、かつ機動性にも優れるので、

・現在のジャンボジェット機並の機体から数十機の無人戦闘機を発着させることが可能となる。

 

2062年ではこれを"空中空母"と呼ぶ。

 

同様に航空母艦の概念も大きく変わり、小型タンカー程の船体に100機あまりの無人戦闘機を艦載したものが数多く航海するようになる。

 

 

後まとめから漏れていた2062氏発言。

「大きな変化は起こらないが多くの意味を知る事になる」か・・。

この時代。あと5年くらいは「この時代」だろうね。

 

 

627 : ◆wbBrH1aGfM :2013/04/12(金) 01:28:07.90 ID:k4/hrMyp0

少し混乱したが大体の経緯は理解した。

詳細な事は私から言えないが始まる日までもう少し我慢してくれ。

 

 

637 : ◆wbBrH1aGfM :2013/04/12(金) 02:28:57.99 ID:k4/hrMyp0

大きな変化は起こらないが多くの意味を知る事になる

この時代に私から言える事はここまでだ

 

 

 

地震マップ@eq_map


-天気予報コム-
アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター